「包む」っておもしろい! デザイン風呂敷でいろいろ包んでみました:PLAYFUL FUROSHIKI Project

furoshiki_blog


クリエイターが考える「毎日使いたくなるFUROSHIKI」で包んでみました

Less is more な日本人の知恵が凝縮されているアイテム、風呂敷。
最近はなかなか使う機会がありませんが、なんでも包める風呂敷はとても便利です。


シンプルな形や利便性に注目しつつ、よりポップでクールな「FUROSHIKI」をつくればもっといろんな人が普段から使いたくなるのでは?


そこでawrd.comでは、今年春から夏にかけて「PLAYFUL FUROSHIKI Project」を開催。「毎日使いたくなるFUROSHIKI」というテーマで、日本・中国・台湾のクリエイターから「FUROSHIKI」のデザインを募集しました。その結果、なんと270点を超える応募がありました!


京都、東京、台湾のloftworkメンバーが厳選した18点のデザインを、老舗きもの加工メーカーの協力のもと本物のふろしきとして製作。「PLAYFUL FUROSHIKI Project EXHIBITION」として、渋谷のFabCafe Tokyoにて展示・お披露目しました。


新しく生まれた風呂敷デザインたちは、実際に使用するとどんなイメージになるのでしょう。
風呂敷が街で使われているようすを想像し、様々な結び方を試してみました。



▶︎PLAYFUL FUROSHIKI Project :受賞作品一覧はこちら



18点のFUROSHIKIを、トートバッグのスタイルで展示

風呂敷は結び方によって、トートバッグやボトル入れなど様々な形に変化することができます。
包んでいる時と広げた時のデザインの印象が、ガラリと変わるのも風呂敷のおもしろいところ。
かわいらしい絵柄の風呂敷も、シンプルに包めばスタイリッシュに見えたり。包み方によって、1枚の風呂敷でさまざまな印象を引き出すことができます。


dsc09907

今回の展示では実際に使用するシーンを想定しながら、風呂敷を結んで展示しました。


dsc09919

コンテストで選ばれたデザインたちは「きものブレイン社」によって約1mの風呂敷に実現化。しかもこの風呂敷、撥水効果を持っているので雨のなかでの利用にも最適です。


せっかく個性的なデザインが揃ったので、風呂敷のいろいろな表情を試してみたい…ということで、風呂敷デザインが活躍するシーンとして、トートバッグスタイルと、お土産屋ギフトの「包み」としてのスタイルを実際に試してみました。それぞれ、表情や見え方の変化はどう変化するのでしょうか?



結び方でイメージが変わるFUROSHIKIトートバッグ

まずは、風呂敷の活躍シーンがぐっと広がりそうなトートバッグスタイルで試してみます。


黒と黄色のコントラストが美しい作品は、岡村智恵さんの「moon」。シックなデザインが上品なイメージを漂わせており、シンプルな「しずく包み」と相性抜群です。


moon_bag
《moon – 岡村智恵》


こちらの風呂敷は、長谷川まきこさんの「おにぎり山」。チャーミングな図柄の風呂敷ですが、結んでみるとまた違ったイメージに!カラフルな色味がさわやかな気分にさせてくれます。


onigiri_bag
《おにぎり山 – 長谷川まきこ》


「トートバッグ」のジャンルだけでも何種類もある風呂敷の結び方。日によってシルエットを変えて、気分転換することもできます。


こちらは、「すいか包み」で結ばれた原田祥絵さんの「夕焼け」。一枚絵になっているデザインは、包むと違った図柄に見えておもしろいです。風呂敷を広げた時に感動が起こりそうですね。


yuyake_bag2
《夕焼け – 原田祥絵》



大きな荷物やワインボトルも、FUROSHIKIでオシャレに持ち歩こう

1mサイズで作られた風呂敷たちは、大きな荷物を包むのもらくらく。個性的な柄が、気分を盛り上げてくれます。


ミキさんの「踊るピクト風呂敷」はどの角度から見ても図柄として成り立つため、包み方によって違ったイメージを作ることができます。


pikuto_hako
《踊るピクト風呂敷 – ミキ》


山田理矢さんの「Stwarberry Field」は、風呂敷には珍しい、リアルないちごが散りばめられたデザイン。豪華なデコレーションケーキを包むのにぴったりな柄ですね。


straw_hako
《Strawberry Field – 山田理矢》


ワインボトルも、素敵な図柄によってオシャレに着飾ることができました。
台湾から応募された、図形的なデザインの「Let’s Brainstorming!」は、結ぶと図形同士が混ざり合い新しいイメージが出来上がります。


brain_botttle
《Let’s Brainsorming! – 張俐菁》



台湾でも巡回展 開催中!

東京での展示は終了してしまいましたが、10月30日まで、台湾にあるFabCafe Taipeiにて受賞した風呂敷の巡回展を行っています。イベントページはこちら


22339282_1678291705535982_8730466754690875604_o



風呂敷の真四角のシンプルなかたちに新しいデザインをのせることによって、とってもクールな「FUROSHIKI」を生み出すことができました。応募してくださったみなさん、ありがとうございました!


今回、風呂敷デザインの募集を行った日本・台湾以外の地域でも、世界中の人が「風呂敷」の魅力に触れていただけたら嬉しいです。


今回のコンテストでは、ここでご紹介している以外にもたくさんの風呂敷デザインが選ばれています。ぜひ、受賞作品を結果発表ページから見てみてください!




Leave a comment

loftwork

awrd.com 編集部です|

loftwork

Subscribe Scroll to Top