グラフィックレコーディング勉強会をやりました!


みなさんは、グラフィックレコーディングって知っていますか?
グラフィックレコーディング(グラレコ)とは、議論を可視化するための手法として、アイデアや意見を発散・収束させる表現方法のひとつです。



▼過去のグラレコに関する記事
グラフィックレコーディングはまるでスポーツ!
グラレコで見栄えが整う3つのポイント



7月19日、ロフトワークのオフィスでは「クリエイターがグラフィックレコーディング(グラレコ)をやってみたらどうなるのか?」を実験する、「グラレコもくもく会」を行いました。
今回は、ロフトワークのディレクター・松田がイベントの様子をお伝えします。




matsuda-128x128松田 絵里
Artist & DJ なクリエイティブディレクター。グラフィック・Webデザイナー、ディレクター、広報を経験し、2015年にロフトワークにクリエイティブディレクターとして入社。Web制作、オムニチャネル化、アプリのプロトタイプ開発、新規事業サポート、空間コンテンツ作りなどの案件に携わる。ライフワークとして、ライブペイントやDJ(Reggae)の活動をしている、人を楽しませることが趣味。>>プロフィール詳細
Website: https://medium.com/@CAROLdesu



グラレコでの表現方法は、近年ビジネス分野で注目されているものの、まだまだ表現方法が模索されている領域です。


いろんな議論の場に合わせて、空間・雰囲気まで形にできるような表現方法があったら面白いのに。クリエイティブ表現の力はもっと可能性に満ちているんじゃないか!?
そこで、自分の表現方法をもっている10名のクリエイターと一緒に、「クリエイター」によるグラフィックレコーディングを実験的に行いました。


graphicrecord_0719_01

参加クリエイターのみなさん


そんな好奇心のもと集まったのは、学生時代からグラレコ経験が豊富な永井結子さん。そしてグラレコでバリバリ活動している、株式会社グッドパッチのUIデザイナー/グラフィックレコーダーの香林さん。頼もしいメンバーです!


そして、ロフトワークドットコムでも人気イラストレーターの小林ランさんや、Nanae Kawaharaさん村田 エリーさんにもお声掛け。
その他、ライブペインター、画家、UIデザイナー、グラフィックデザイナーなど、人前で絵を描くのに抵抗がなく、描くのが早いタイプの方をお誘いしました。


graphicrecord_0719_02


自分の表現方法をもっているけど、グラレコは初心者や未経験。
表現の模索・挑戦をしてみたいという想いで、10名のクリエイターが集まりました。


「グラレコもくもく会」は、先生が教えるスタイルではなく、同じ立場でもくもくと勉強・実験するスタイル。そのため、参加者は自分の表現方法をもっている人を限定としました。


今回は初回なので、グラレコって何だろう?という部分を、香林さんがスピーカー、永井さんがグラレコを実践してレクチャーしました。書き方に関しては特に何も教えず、あくまで概念だけをお伝え。


graphicrecord_0719_03

香林さんがスライドをもとに「グラレコって何だろう?」をお話します


graphicrecord_0719_04

永井さんが、香林さんの話をその場でグラレコ!




さっそくグラレコを実践!

グラレコって何だろう?を踏まえた上で早速実践です。


▼ワーク内容
1. スピーカー1名の生い立ちの話を聞いてA3用紙に表現する (5分)
2. 発表&フィードバック
3. スピーカー2名の自由な会話を聞いてA3用紙で表現する (5分)
4. 発表&フィードバック
5. A4用紙に今日のまとめ・感想を書く (10分)


graphicrecord_0719_05

話をききながら、筆が走ります…!!



1. スピーカーの生い立ちをA3用紙にグラレコ

1つ目のワーク、「スピーカーの生い立ちを聞いて、A3用紙に表現」では、いきなり描くことからスタートです。
悩んでいる様子を感じることなく、みなさん書き上げていきました。


出来上がった紙を壁にはり出すと、それぞれのスタイルが確立していて個性がズラリ!


graphicrecord_0719_06

自由なレイアウトでテイストも違います


graphicrecord_0719_07

他の人の作品を見て回って、付箋でコメント


壁にはり出した作品を見て“ここ良い!”や、“学びになりそう!”なポイントを付箋で書いて作品にフィードバックとして貼っていきます。


そのフィードバックから自身では気づきにくい、“良かったポイント”を知るきっかけになりました。


同じスキルを持っているからこそ、お互いに同じ目線でフィードバックをすることで気づきが生まれ、すぐその場でアクションできたため、短時間で成長を実感できました。



2. 二人の自由な会話をグラレコ

graphicrecord_0719_08

定食の写真をみながら、自由に話をしています


次のワーク、「スピーカーの自由な会話を表現する」では、2人のスピーカーの会話のレコーディングに挑戦しました。


「好きなものは先に食べる?後で食べる?」というテーマで、定食の写真を見ながら、たわいもない会話。まとまりなんてありません(笑)。
でも、みなさん話を整理しそれぞれのポイントを掴んで、1枚の紙に表現していました。


graphicrecord_0719_09

いろんな切り口、テイストでまとまっています


graphicrecord_0719_10

もくもくと描く様子


「グラレコもくもく会」では、今後も定期的にグラレコに興味のあるクリエイターを巻き込んで、みんなで学んでいきたいと思っていますので、ご興味のある方はこちらよりお問い合わせください!


Leave a comment

loftwork

awrd.com 編集部です|

loftwork

Subscribe Scroll to Top